会計士による人生の過ごし方講座

公認会計士が起業の仕方をわかりやすく伝授するブログです。

起業

企業に必要な考え方とは?マインドがないと成功できない!?

投稿日:2017年12月5日 更新日:

今回は、起業するにあたって重要な考え方についてお話したいと思います。

やはり成功する人には成功する人の考え方があります。
その中にどんなものがあるのか?
少し前に軽くお話したと思いますが、詳しく書いていきたいと思います。

①資産の構築を最優先する

・それ自体で後々まで利益を生み続けてくれるものを複数個構築していくという考え方。(不動産とか株とか…)
・知識、スキルや人脈等も資産として十分な役割がある。
・仕組みを作るのが今の起業家のトレンドとなっています。
・消費、貯金<投資

②成長への飽くなき欲求

自由にある確実な方法の一つ。
安心が手に入ります。そのために自分のスキルを蓄積する必要。

③勉強と実践のバランスをとる

 勉強3:実践7の状態が理想。
ただ、自分のすべき行動の全体像や目的が見えるまでは勉強7:3くらいが理想であるといえます。
知識=地図、コンパス
実践=アクセルを踏むというイメージ

④リスクを積極的に取る

リスクとはうまく付き合っていく。自分の負えるリスク範囲を認識し、リスクの範囲を限定する必要がある。
失敗は成長のチャンスであるから積極的に失敗しに行くくらいの気持ちでやるべきである。人生的なスパンで見ましょう!
勝率とリターンの予測をはきちんとするべき。そして次回に活かすことで全体的にみて利益のほうが多くなっていきます。

⑤全て自己責任にする

人のせいにしない。すべての失敗を成長のきっかけにする。
言い訳ばかり探していても時間の無駄になります。
なぜ失敗したのかを考える癖をつけましょう。

⑥お金より時間を大切にする

時間は二度と戻らない。時間を無駄にすることはお金を捨てることになる。成功が遅くなる。

⑦模倣に次ぐ模倣

1番早くプロになる方法、プロの基準を知るため。
細かいところまで模倣しましょう。素人が我流で始めると変な癖がつくだけです。やはりトップの人はトップたるゆえんがあります。そこを解明して自分のものにできたら最強だと思いませんか?

⑧自分がやらなくてもいいことはやらない

忙しさから抜け出せない。成果が落ちてもそれはいきなりうまくなる人はいないので、育てる意味も込めて誰かに任せたり、外注したりしましょう。時間を大切にするマインドを忘れないように!!
自分自身を歯車の一部にしてはいけません。

⑨動かす側に注目する

稼いでない人と同じことをしてはいけない。その稼いでない人たちを動かしてる人たちが、どうやって動かしているのかを勉強する。売り方がすごい!という視点になります。結局は誰の模倣をするのかということ。

⑩片手間にやらない

やるなら全力でやらなければ、継続もしなければ何かにつけて言い訳をしたくなります。片手間な成功ができるならあなたはとっくに成功しています。やると決めたからには諦めるという選択肢は捨てて成功するまでやるべき。

以上が、重要なビジネスマインドとなるので、こういう気持ちでやっていくことをとりあえず知る。そして何もみなくてもコレが言えるようになるくらい身につけて意識的に心がけていけば徐々に変わっていきますので、頑張りましょう!

-起業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自動化(システム化)とは?

前回からよく登場してくる自動化とはどのようなイメージなのか?ということを書いていきます。 自動化とは、アクセスを集める仕組みと商品が売れる仕組みを作ることです。 イメージとしたら自動販売機と同じような …

no image

コンセプト作りにおいて重要なこと①

では、早速コンセプト作りにおいて重要なことの続きからご紹介したいと思います。 ①誰が②誰を③どれほど④なぜ⑤どのようにして幸せにするのか? を考えていきましょう。 では早速! ①誰が? まずは自分がど …

no image

起業の始め方

前回は起業とは何をするのかについて考えました。   起業家がすることは何か覚えていますか?   覚えてない方は前回の記事を読んでみてください。   では本題、今回の記事か …

no image

効率重視とかいうやらないための言い訳

こんにちは。 人ってやっぱり楽したい生き物ですよね。すべての人がそうだとは言い切れませんが、なんとなく自分が泥臭く頑張ってる中少数派の要領がいい人間や天賦の才を持った人間を見ると、なんでこんなに頑張っ …

no image

商品を作るときにおいて重要なこと

前回までの記事でDRMについてお伝えしたと思います。 覚えていますか? ただ、どんな商品を作ればいいんだーーーってなります。 当然です。それだけじゃありません。 商品がわからなければランディングページ …